上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10日は、たるちゃんの12歳のお誕生日でした~
20150511_190052.jpg
たるちゃんも今年も元気にお誕生日を迎えることができました

お誕生日って、お迎えした頃のことをよく思い出します。
たるちゃんをお迎えしたのは、生後半年の頃にゃので、11年半前のこと…

昔のブログで見つけた初めて撮った写真…
maron.jpg

初めてタワーで遊んだ時の写真…
t.jpg

数日で、こんな恰好で爆睡(笑)
akuma.jpg

この頃は、『まろん』ちゃんだったのよねぇ…

たるちゃんとの出逢いは、その頃のにょ~ちゃん&ぱんちゃんのかかり付けです。
当時、私は韓国に行くため、にょ~ちゃんとぱんちゃんを預かってもらうことに…
2人を連れて行くと、すぐにお泊りの用意がされた奥のケージへ移動。
しばらくすると「…あぉぉぉぉぉ…なぉぉぉぉぉ…」と、寂しげな声が
「あれ?ぱんちゃんかなぁ?」と看護師さんに聞くと、「…いいえ…まろんちゃんです
そして寂しげに泣いてた『まろん』ちゃんとご対面となり、
聞けば、外にいた子で、風邪でグシュグシュのところを保護され、
すぐに回復したものの、保護した方のお家には老猫さんがいるので、
『まろん』ちゃんを迎えてあげることができないとか…
その方は、ずっとホテル代とか負担されてきたけど、
里親さんがなかなか見つからないので、そろそろ元の場所へ戻すことになりそうとか…

もうね、そんなの聞いたら放っておけないじゃないの(笑)
で、「私が旅行から帰ったら預かるから、ちゃんと里親さん見つけてあげましょっ
とか言っちゃって(笑)、戻るなり、3人を連れて帰りました。
看護師さんからは、人見知りが激しい子だと聞いてました。
でも最初から私にべったりで、にょ~ちゃん、ぱんちゃんに対してもとてもおりこうさん
家の中も初めてだらけなのに、普通に寛いで(写真でお分かりいただけると思いますが(笑))

もうね、そんなの見たら、どこにもやりたくないじゃないの(笑)
きっと、たるちゃんは、愛情に飢えてたんだと思います
それなら、私がてんこ盛りの愛情で育ててあげたいと思い、
すぐに現在のかかり付けので血液検査をして、我が家の三女としてお迎えしました。

それからこれまで…

好酸球性肺炎があるから健康そのものとは言えないけど…
頸椎も細かく砕けていて歩けないのが普通と言われたけど…
(今でもちゃんと歩けているし、ドスドス走りまわってるし(笑))
この他には大きな病気もせず、すくすくと大きな甘えん坊さんに育ってくれました

いつも元気でいてくれてありがとね、たるちゃん
12歳も元気いっぱい過ごそうね
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。