上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぱんちゃんでもめろめろでもなく…たるちゃんでつ

早朝5時頃まで、母はDVDを観てました。
そったら、それまですやすや眠ってたたるちゃんがムクッと起き出し、
おトイレに行き………しばらく経っても戻ってきません

そしていきなりカリカリのげぇを2回。
おかしいと思い見に行くと…

玄関に置いてある2つのおトイレを行ったり来たり
しゃがみこんで踏ん張るも…何も出ず…を繰り返してました。
最初はかと思いました。
でも何回目かでピュルンと普通の量のが出て、
その後も踏ん張ってるので、おちっこが出なくて困ってる事が分かりました…

出ない事にイラついて、ウロウロと落ち着きがなく、
「うにゃうにゃ」文句を言いながら、おトイレを行ったり来たり…
こんなたるちゃんは、去年のオペから帰って来た日以来です。
とりあえず落ち着かせようとレメディを1粒ポイッ
でも文句もウロウロも止まらず…
そしてやっと出たおちっこは血が混ざってピンク色でした

この後すぐに膀胱炎に効果のあるカンサリスを、5分置きに3回投与。
たるちゃんもウロウロしまくって疲れたのか、
バスタブで引きこもりながら徐々に落ち着きを取戻し、
ピンク色のおちっこをちびりながらおとなしくなっていきました

てか、この間ぱんちゃんたら…
いつもと違うたるちゃんに威嚇&パコパコ攻撃しまくり
たるちゃんが唸った時は噛み付いてました
多分まったく知らない子に思えたんでしょう…

こんな事もあったので廊下のドアを閉めて、
カリカリとお水を置いて、たるちゃんを隔離しました。

その後1時間置きに様子を見に行きましたが、
だいぶ落ち着いて、1人静かにぐっすり眠れたようです
お昼頃には「ママ~あけてくだちゃ~い」と騒ぎ、
いつも通り母の腕枕でまったりごろんちょしてました。
安心した母…思わず爆睡

でもたるちゃんが膀胱炎なんて初めてだし、
”嘔吐”と”血尿”で調べたら『急性腎不全』なんてヒットしたもんだから…
夕方、に行ってきました。

一部始終を先生に話し、レントゲン、血検、尿検をすることに…

結果は
HCT(ヘマトクリット)、TP(血漿総蛋白濃度)<共に低値で貧血、高値で脱水>
BUN(尿素窒素)、Cre(クレアチニン)<共に腎臓の異常で高値> が少しずつ高め。

軽度の脱水症状を起こしてるせいか、血液濃度が濃いそうです。
そのせいでBUNCreも少し高くなってる可能性が…
でも『腎不全』を表す高値ではないそうなので、とりあえずホッ

そしておちっこに結晶は見られなかったものの、
細菌が確認できたので、細菌性膀胱炎と分かりました。

処置としては、水分と止血剤と抗菌剤の皮下点滴。
これで数値が基準値内に落ち着けば、腎機能低下の心配はないそうです。
2~3日中にもう一度血検に行って来ます
膀胱炎は少しずつおちっこが出るようになってるので、
投薬治療はせず、レメディで対応することを伝えました。

それにしても…今朝のたるちゃんにはビックリ
こんな急変もあるもんなのねぇ…
で、も1つビックリだったのが…たるちゃん…5.7kgありました~
先生は何も言わなかったけど、ダイエットしましょうかねぇ…

母抱っこで点滴中のたるちゃんでつ。
100617_1935_010001.jpg 100617_1935_020001.jpg

おとなしくおりこうちゃんにできまちた
お水いっぱい飲んで、おちっこいっぱいして早く治しちゃおうね

今日はホントにお疲れ様でしたぁ
日付診療明細診療費診療費合計
6月17日診察料800 
 レントゲン(腹部)2枚6000 
 血液検査(一般)5000 
 血液電解質検査1500 
 膀胱カテーテル挿入2000 
 尿検査1500 
 皮下点滴2000 
 注射(止血剤等)3500\23,415
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。