上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の検査で肝臓が異常な数値だったので、
2週間を飲んで再検査することに…今日がその日でした。

数日前に見つけた、肥満細胞腫の左手への転移?多発?も怖かったので、
今日の天気と同じく、とてもどんよりとした気分で病院に行きました。
おまけにめちゃくちゃ混んでて

しょうがないからず~っとめろめろと喋ってました。
普段めろめろは結構凶暴なんだけど、病院だとそうでもないので、
ここぞとばかりにボディチェックをさせてもらいます。

そんなこんなで40分後ぐらいに呼ばれ、
まずは『甲状腺機能亢進症』の検査結果を渡されました。

では”基準値内に安定”と確認済みでしたが、数値を見てみると、

T4H 2.9 (参考基準値 0.7-2.9 μg/dl)
ユウリT4H 1.9 (参考基準値 0.5-1.9 ng/dl)

と、どちらもギリギリの数値
でも「今のの量でコントロールできる容態なら、心配はいらないでしょう」と先生
また今と同じ量のを続けて、3週間後に検査です。

ちなみに前回はT4H 5.1ユウリT4H 2.8
これを思えば、ものすごい回復です

で、先生に確認すると、肥満細胞腫はやっぱり右手でした。
でで、それが見当たらず、左手にカサブタらしきものがあって…と、諸々を説明。
それも含めて診察と採血のため、めろめろは処置室へ…
その間一人ぽっちの母は、必死で恐怖と闘っておりました

『肝臓が余計大変なことになってたらどぉしよぉぉぉ
 肥満細胞腫どころか、癌の転移だったらどぉしよぉぉぉ

なんて心の中でぴ~ぴ~わめいてたら、めろめろが戻ってきました。
血は採られるわ触られまくるわで、めちゃくちゃ不機嫌
100530_1649_02.jpg

「めにょ~お疲れちゃんいい子だったね~」と必死になだめました。
そうこうしてるうちに、また呼ばれ…

今回はALT/GPTが基準22~84のところ244
ALP、Na、K、Clも基準値内で、脱水も出ていませんでした

これでもまだ肝臓は高いけど、先生曰く、
「癌の影響なら、ここまで下がることはないので、
 もうしばらく今のを続ければ、安定すると思います。」と。

結局、異常な数値の原因は分からないまま…
でも一番望んでいた”一時的なもの”の可能性が高いそうなので、
これ以上の検査はしないことにしました。

こちらもまた3週間後に検査をして、安定したらは終了だそうです

そしてそして肥満細胞腫ですが…

右手のイボ…本当に消えてました
これには先生もビックリ

でもって左手のカサブタらしきものは…
取り除いてみたけどイボのようなものはなく、てか何もなく…
オイラも血が出てるところを見たわけではないので、
先生も「もしかしたら何か触って、それがくっついて…みたいな」と。

右手の消えた肥満細胞腫に関しては、
体から完全に細胞が消えたワケではないので経過観察は必要ですが、
治療のしようがないので、オペの必要はなくなりました
って、する気なかったから結果オーライです

…なんだか不思議だらけですが、
心配してた要素が消えて心底ホッとしました

これがの効果なのか、それともレメディの効果なのか、
それともともとも両方の効果なのか分かりませんが、
何にせよ、落ち着いてくれて本当に良かったです

やっぱりめろめろはスゴイさすがめろめろにゃ~

そして心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。
めろめろを見守っていてくれる方達がいること、
それだけでホントにホントに嬉しいです心から感謝です

今日もいい子で頑張ったね…ぐっすりおやすみぃ
chupu74E 003 chupu74E 004
→more?(続きをよむ)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。