上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.21 メモ。
今日は、にょ~ちゃんの先生からお電話をいただきました。
このところ痩せてきているので、やっぱりお薬の量を増やすことに…
そうなると、腎臓の方が心配になってくるのですが、こちらはまたレメディでケアしていくつもりです。

今日はモリモリ黒缶を食べたけど、げぇはナシ
大好きなもおかわりして、大満足してねんねしています
IMAG2327.jpg

明日も穏やかに過ごせますように
スポンサーサイト
2010.05.08 STOP!!
最近ベッドの下に引きこもりがちなめろめろ…
でも今日はひんやりしてたせいか、ベッドの上で
chupu73E 104

てか、色々飲ませるオイラを避けてるみたい

でも今日は、そんなめろめろに嬉しいお知らせです
サプレットプロ(リンク参照)の入手が困難になりました
にゃので飲まなきゃいけないサプリが1つだけに…
「やった~」という、めろめろの心の声が聞こえてきそうです。

一瞬「困ったな~」って思いましたが、
約1年間飲んで改善されたと思われるお便秘と嘔吐が復活しちゃっても、
レメディで充分対応できると思うので、これを機会に

それにこの前届いためろめろ用のレメディは、
腫瘍にも効果があると思われるので大丈夫でしょう

今日はちょっとげぇしちゃいました
でもこの前と違って連発ではありませんでした。
多分…食べ過ぎだと思います

今日は良いも出て、調子良く過ごせためろめろです
2010.04.18 投薬開始。
土曜日、お迎えに行くと、看護師さんから
「めろんちゃんいっぱいスリスリしてくれました~
 かわいいですね~」と、お褒めいただき、
機嫌が良かったことにホッとしました。

で、検査の結果は…

肝臓、膵臓、腎臓、膀胱、を超音波でみたところ、
どれもキレイで、腫瘍らしいものは見つからなかったとのこと

これは、おててのイボが猫さんには珍しいものらしく、
おまけにこの腫瘤の場合、内臓にできた腫瘍からの転移が多いそうです。

でもめろめろのイボは、原発、そして単発でしょうとの診断でした。

ただ出血しやすく、大きくなることが考えられるので、
できれば小さいうちに取ってしまうのが望ましいと言われました

で、検査前のお話では…
「2mmのイボを取るにも、その周り2cmを切除して縫い合わせるため、
 最悪の場合、肉球も切除することになるかもしれません…」
なんて言われたもんだから、とっても滅入りました

でも「良性で転移性のものではなかったので、
   イボを切り取るだけで大丈夫だと思います。」って

てか、このまま経過観察して大きくならない事を祈りつつ、
なるべくオペはしない方向で考えています。


そして、今の状態を知っておきたいので、
心臓の超音波もお願いしたところ…

心臓の壁の厚さは、約0.6mmだそうです。

めろめろの心臓は、右側は標準でしたが、
左側が0.8mmと、厚くなりはじめてました

こうなってしまうと、もう元には戻せません。
なのでやっぱりお薬で甲状腺ホルモンを抑えて、
心臓への負担を少なくしなければなりません

そして今日から投薬開始…朝と夜の1日2回。
3週間後にまた検査となりました。

副作用としては、下痢や嘔吐、腎臓の機能低下だそうです。
薬は少ない量から試して、数値次第で調整になります。
今の量で安定して、副作用も出ないといいなぁ

から帰っためろめろは、疲れたのかよく寝てくれました。

ちょっと前から落ち着きがなく、眠りも浅かったようなので、
ぐっすり眠る姿を見るとホッとします

今も気持ち良さそうに
ぐっすりおやすみ、めろめろ
…詳しい検査の結果、『甲状腺機能亢進症』が確定してしまいました。

なんでめろめろばっか
って、もちろんどの子がなっても嫌だけど、
癌と闘いながらこんなに一生懸命生きてるめろめろなのにぃ

…神様はたまにとても意地悪です

でもこの前のレントゲン検査では心臓の大きさも正常で、
それほど進行してるとは思えないとのこと。
ただ今の状態を把握しておくために、
今度の金曜日に超音波検査を受けることになりました

…前回の予約は、ワタクチが肺炎を患いキャンセル
やっと受けられます。

めろめろはとっても元気にしています
でも元気すぎても心配…
できれば薬を使う治療はしたくないけど、
長い目で見たら、内臓のオーバーワークは命取り

「恐らく初期である今からコントロールしておけば、
これからも今のように普通に生活できるでしょう」と先生。
また色々勉強して体質改善しながら、
上手に薬を使って病気と付き合っていくしかないようです…

おててのイボに関しては『皮膚肥満細胞腫』で良性でした。
とりあえず一安心ですが、こちらも要経過観察です

…闘病ブログの再開にゃり
昨日の日記の『ホメオパシー!』ですが、
オイラってばとても大きな勘違いをしておりました~絵文字名を入力してください

早速お返事をいただいた
にゃんこのためのバッチフラワーレメディ』の方からも、
”ホメオパシーとは違うものですが、大丈夫ですか?”と、
確認されてしまいました~汗

サイトより抜粋)
バッチフラワーレメディは、心の平安を取り戻したり、
否定的な感情を癒し心地よい時間を持つための、
野の花や草木から作られた癒しのシステムです。
アロマセラピーと並び自然療法の一つです。


猫と飼い主のためのホメオパシー代官山』様より抜粋)
ホメオパシーは同種療法と言われていて、
「ある症状を出す物は、そのような症状を取り除く」という
原理にもとづいた自然療法です。
レメディーと呼ばれる無毒無成分の砂糖玉のようなものを服用します。


と、同じ自然療法でも、まったく違ったものであることが分かりました。
昨日は睡魔と闘いながらだったので、
”レメディ”という同じ言葉に惑わされ、ごっちゃになったようです絵文字名を入力してください
しかもバッチフラワーの方は使用した経験があったので、
そっちばかりに走ったようで…やっぱり即席はダメですねぇ手書き風シリーズ矢印下
でもどちらも安全な自然療法なので、是非取り入れたいと思います!


ぱんちゃんのおちっこは、良い状態が続いています。
今朝はげぇもしませんでした。
でも食欲と元気がイマイチなのは変わらずションボリ
昨日、今日と急に寒くなったので、そのせいもあるかもしれませんが、
ご飯を食べに出てくる以外は、ずっとベッドに潜ってますねこ
いつになったら元気なぱんちゃんに戻れるのかなぁ…

そう思うと、膀胱炎は落ち着いたものの、
抗生物質の副作用で続いたげぇの治療が必要はてな
でもげぇも毎日ではなくなってきてるし…
じゃなくてストレスで疲れちゃってるんだったら、
バッチフラワーでメンタルケアをするべきはてな

と、ちょいと悩んでしまいました…
でもホメオパシーの方はレメディを処方してもらえるまで
ちょっと時間がかかるようなので、
その間フラワーレメディで様子を見ても良いかと思い、
メールでカウンセリングを受けています。
ぱんちゃんが少しでも元気を取戻せたらいいなぁ…

今回の事もあって、益々西洋医学が怖くなりました。
ホメオパシーとバッチフラワー、どちらも難しそうですが、
娘達のためにちょっとずつでも勉強しようと思います!


…たるちゃんが今日も食べてすぐげぇしました。
でもすぐ食べたがるし、とっても元気なんですねこ

…めろめろも今日はげぇしちゃいました。
でも「げぇ出ちゃった~もう1回ちょうだ~い!」って言って、
全然普通にバクバク食べて元気なんですねこ
その少し後、「アジさんご飯まだ~?ねこ」って言いにきて、
急いで作ったらペロリとたいらげてくれました。
不思議とめろめろの言ってることは分かる気がする…
付き合いが長いからでしょうか…笑

2人共、何でもありませんようにjumee☆star1a
もう娘達の誰かが具合悪いって内容の記事は書きたくないです汗

唯一問題ナシのぷぷ子ちゃんハート
chupu68E 074

具合が悪くなっちゃうワクチンをどうしようか悩みちう…


ぱんちゃんメモ おちっこ 5:30a.m. 19:40p.m. うんちが出てないなぁ…

めろめろメモ
猫餌アイムスシニア、ヒルズヘアボール、黒缶、サプリ2種類、
  焼アジ+野菜のちから(かぼちゃ、むらさきいも)+濃厚液体酵素+えごま油。
うんち普通、茶、硬めねこ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。